パイザカジノが日本でも人気で特に大金を賭けるハイローラーの方に選ばれていますが、違法性はないのか?これが気になってる人もいるかと思います。

なぜなら、過去には他のオンラインカジノを日本でプレイして警察沙汰になった人もいるからです。

結論を言うと問題ありません!

そこでこのページでは、パイザカジノに違法性がないか?具体的に紹介してみました。

パイザカジノに違法性がない理由を解説

パイザカジノは日本でプレイをしても違法ではありません。お金を賭けて儲けたとしても違法ではありません。

過去に別のオンラインカジノで警察沙汰になった人がいるからそれとひとくくりにされて「オンラインカジノは危ない」と勘違いされている人もいるかと思いますがパイザカジノは大丈夫です。

具体的には、パイザカジノは海外で運営をされているオンラインカジノであり運営サーバーも海外にあるからです。

この、運営会社もサーバーも日本外ということが違法性の有無を決める最大の理由となります。

つまり、海外の会社が海外で運営しているサーバーを使っている限り、いくら日本からプレイする人がいてもその日本人を違法行為の扱いにはできないからです。

まして、パイザは海外でオンラインカジノ会社に与えられるライセンスもしっかりと取得をしています。

パイザカジノの運営会社はイギリス領ヴァージン諸島にありKAHNAWAKE GAMING COMMISSIONという取得難関なライセンスを保有し運営されています。

言いかえれば、日本の法律が対象外となる海外の会社のサービスを使ってる人については日本の法律では干渉できないというわけです。

ましてカジノ法案が進んでる日本ですから、今以上に緩和されることはあっても厳しくなることはないと思われます。

過去にオンラインカジノで逮捕された人がいるけど

2016年に日本国内から海外のオンラインカジノで遊んだことを理由に摘発を受けた人がいます。

でも、結果的に罪にはならずに不起訴処分となりました。
つまり、海外のオンラインカジノをプレイしても犯罪ではないということが証明されたかたちになります。
今後、日本国内に1つでも公営カジノができればオンラインカジノで儲けた人が堂々と表に出てくるようになると予想されます。

違法性がないからハイローラーに選ばれてる

パイザカジノは数ある他のオンラインカジノと別格で異なる「選ばれている理由」があります。

それは、1回あたりの入金や出金に上限額がないということです。

つまり、1回に数千万円という大金を入れることもできれば、ジャックポットマシンなどで2億円などを勝った時でも、その2億円という大金も1回で出金ができるという凄さです。

他のオンカジだとこれらの上限が200万円程度に定められているところが多いんです。

でも、日頃からマカオなどのランドカジノで大金を使って遊んでいるハイローラーと呼ばれる人達からすれば、1回の入出金で上限200万円などという低さでは思い切って遊べないわけです。

そこで上限なしのパイザカジノがハイローラーに選ばれているわけです。

ここで信頼性に話を戻すと、信頼されてないオンカジサービスに大金を入れるわけがありませんよね?

つまり、これまでに出金できないトラブルが発生したとか、納得できない理由でアカウント凍結をされてお金が戻らなくなったという悪い話がパイザにはないということを意味しています。

ハイローラーに選ばれているオンカジは信頼できるというわけです。