パイザカジノで人気があるゲームはライブバカラって知っていましたか?

私は今まで知らなかったんですが、先ほどパイザカジノから届いたメールで知りました。

2019年のデータをもとにした話ですが、プレイした人数も賭け金の合計額で見てもライブバカラだったそうです。

最も人気のライブバカラについて

パイザカジノは1回の入金額や出金額に上限がないため、ハイローラーな人に選ばれていますが、そんなハイローラーも遊んでるのはライブバカラだったようです。

ちなみに、ライブバカラには3つのゲーミング会社がリリースをしていますが、その人気順位も公表されていました。

ライブバカラの人気順
  • 1位 Speed Baccarat (エボリューション)
  • 2位  Baccarat (アジアンゲーミング)
  • 3位 Baccarat (マイクロ)

エボリューションだとゲーム展開が速いスピードバカラが人気で、アジアンゲーミングとマイクロでは通常のスピードのバカラが人気となっていました。

そもそもハイローラーな人からしたらゲームに慣れているのでテキパキとゲームが進む方が同じ時間で数多く遊べるので好まれる傾向があります。

ただし、勝ちにこだわっている人は意識されていると思いますが、テーブルを選ぶ際にはそれまでにどんなパターンの出目になっているか?でテーブルを選ぶのが鉄則です。

なので、いくらハイローラーでもどんな時でもスピードバカラを優先するのではなくて、次の出目のパターンが予測しやすいテーブルを優先し、なおかつそれがスピードバカラのテーブルなら好都合といった感じです。

エボリューションゲーミングの画面見本

私がいつもプレイしているのもエボリューションゲーミングなんですが、その理由はビジュアルが綺麗だからです。

他のゲーミングだと背景へのこだわりが感じられなかったり、ディーラーの女性の選び方にもこだわりがなさそうなところが多いんですが、エボリューションは違います。

記事を書いてる途中でついでに1ドル賭けたら勝ちました。

操作性も分かりやすく、なにせ見た目がシンプルなのも魅力です。

テーブルリミット

下限100円 上限150万円

選ぶ際のアイコンにはエボリューションライブと書かれてます。

アジアンゲーミングの画面見本

日本語のガイドを聞きながらプレイができますが、正直まだまだぎこちない日本語で違和感を感じます。

個人的な印象だと画面がごちゃついてて、どこに賭ければいいか視覚的にややこしい感じを受けました。

 

選べるテーブルは下画像のようになっていてディーラーの顔で選ぶには見やすい画面となっています。

テーブルリミット

下限500円 上限50万円

選ぶ際のアイコンにはアジアゲーミングライブと書かれてます。

マイクロゲーミングの画面見本

他のライブバカラに比べてとくにここは賭け方が分かりづらいです。

エボリューションゲーミングなんかだと「プレイヤー・タイ・バンカー」とシンプルなんですが、ここはプレイヤーペアとかバンカーペアがやたら目立ってて初めてだと分かりづらいです。

個人的にはそんな感じを受けたので1回もベットはしたことがありません。

テーブルリミット

下限500円 上限3万円

選ぶ際のアイコンにはマイクロライブと書かれてます。

さいごに

パイザで遊べるライブバカラは大きく分けて3社のゲーミング会社から選ぶことができますが、エボリューションゲーミングだけで十分に満足できます。

エボリューションは他のオンカジでも優先的に採用されていることもあり、見た目や操作性やディーラーの美人さなどどれを見ても群を抜いていると思います。

エボリューションのライブバカラでプレイしていれば、次に他のオンカジをプレイしたくなった時でもそちらでエボリューションが高確率で選べるのでなにかと便利だったりもします。

また、つい最近に追加された勝利金が500倍などに跳ね上がる可能性のあるライトニングバカラや日本人がディーラーをしているライブバカラはいずれもエボリューションにしかありません。

↓日本語でディーラーが喋ってくれます。