パイザカジノは仮想通貨も使えるだけじゃなくて入金も出金も1回あたりの上限額がないので利用したい人は多いと思います。

でも、オンカジ中級から上級の人が主にプレイする傾向があるのでベラジョンカジノみたいに誰にでも知られているわけじゃありません。

そこで気になるのはお金を入れても大丈夫か?ってことです。つまり信頼性がどうか?に尽きると思います。

このページではパイザカジノの信頼性について紹介してみました。

※僕自身、パイザには入金も出金もしてるので実際のユーザーでもあります。

パイザカジノの信頼性をライセンスから見てみた

カワケナとキュラソーのライセンスを取得していました。

以下はカワケナの公式サイトの画像とキュラソーの公式ロゴになります。

どちらもパイザの公式サイトの画面下に掲載されているので間違いなく取得をしていることが分かります。

(カワケナ)

(キュラソー)

運営がよほどしっかりとしたオンカジでないとキュラソーなどは取得も難しいですし取得後の維持も大変難しいものになっています。

つまり、パイザはライセンス的に見れば十分に信頼ができると言えます。

運営年数から信頼性を見てみた

運営年数は2016年からとなっているので比較的新しいオンラインカジノとなっています。

でもわずか設立から2年~3年でレベルの高いライセンスをダブルで取得していることはそうとうにしっかりしているというとらえ方もできます。

もし10年も運営していたらそのうち何度もライセンスに挑戦する時間があったことになりますが、2~3年でダブル取得するということは逆に凄いことだと言えます。

最近はパイザみたいにここ3年ほどで新規立ち上げをしているところがありますが、ほとんどは評判も良いです。

今の時代に新規立ち上げするということはまともなところじゃないとできないのかもしれません。

ただし!ここ3年ほどで新規立ち上げしたオンカジのなかでも1回の入金や出金の上限額がなく、しかも複数の仮想通貨が使えるところはおそらくここしかありません。すごく貴重な存在です。

大金の出金にかかる時間から信頼性を見てみた

ここのウリの1つにどんな大金でも1回で入金や出金ができるという上限無制限があります。

数十万円程度までなら公式サイトにある上画像のように1~2分で完了となりますが数百万円や数千万円となれば話が違ってくるのが一般的です。

ひどいオンカジだと本来は数分のはずが数日のところもあるくらいです・・・。

でも、パイザは1,500万円程度の出金なら15分程度で完了している話がいくらでも世に出回っています。すぐにお金を返してくれるというのは信頼ができるしここの強みとも言えます。

実際に1,000万円以上を出金した人を何人か知っていますが、全員「早くて驚いた」と言ってました。

大金を引き出すのにすぐに出せるというのは信頼性をはかる上でそうとう大きなウエイトを占めますよね。つまり、出金時間という点でも信頼性が高いと言えそうです。

提携会社数から信頼性を見てみた

通常、提携ゲーム会社は10社も揃っていれば十分な感じですが、ここは30社を超えるゲームプロパイダと提携をしています。

スロット26社・ライブカジノ14社もありました。

下手に提携をしてそこが将来、不祥事を起こしたりすれば自社のイメージダウンにもならないので運営会社が信頼できなければそんなに多くのゲーム会社が提携はしてくれませんよね?

もちろん、その30社超のなかにはどこの大手オンカジでも扱っているライブゲームの王様的な存在のエボリューションゲーミングとプレイテックも含まれています。

つまり、提携しているゲーミング会社の数から信頼性を見ると、他のどこのオンカジよりも信頼されているということが言えます。

僕や周囲のプレイヤーはパイザの信頼性をどう感じてるか

実際に入金も出金もしている僕や、僕以上に大金を使ってる周囲のプレイヤーはパイザをどのように考えているかと言いますと「完全に信用してる」です。

というのも、過去にこれといったトラブルを何も経験していないからです。

確かに立ち上げ直後には通信が重いとか途切れたとかって話もあったそうですが、それはどこのオンカジでも初期にはそういったことはよくある話です。

肝心なのは入れたお金がちゃんと使えるか?出金したいお金がすぐに出せるのか?これに尽きます。

またゲームの勝率なども気になるところですがこれも何も噂すら出てないところからすると問題ないということが言えると思います。

ここには日本人でも1ヶ月で1,000万円以上を使う人も沢山いるため、もし出金以外にも勝率などにおかしな点があれば絶対にプレイヤーは激減してネット上で炎上するはずですが、なにもありません。

なので信頼して安心のプレイができると言えます。